企業・法人向け【WEB名刺発注システム】

JUST TOP > 名刺 > 発注承認の社内ワークフロー

名刺発注承認の社内ワークフローも対応可能

名刺の発注を、社員からの名刺注文依頼を取りまとめ、上長様や総務部の「承認」を受けてから行っておられるのであれば、名刺発注承認の社内ワークフローも『Web名刺発注システム』において行うことができます。

名刺注文の申請(注文の依頼)と承認発注の手順

ここでは、各社員が自分の名刺注文を申請し、その申請を名刺発注権限ご担当の方が「承認」して発注を行われる場合の概略を説明します。

社内ワークフローもシステム上で完結可能

一般社員:名刺データの作成編集

一般社員が自分の社員番号・パスワードでログインし、名刺データを作成・編集します。
名刺データが既に作成してあり変更のない場合は次へ進みます。

一般社員が作成・編集可能なのは、自分の社員番号に紐付けられた名刺データのみです。最大5件まで保存しておけます。

発注手順先頭へ戻る

一般社員:名刺注文の申請

一般社員が承認担当者へ注文依頼をしたい名刺データを選択し、希望注文数を設定して「名刺注文の申請」を行います。

「名刺注文の申請」は、『名刺を注文して欲しい』と依頼する作業です。「申請」では承認担当の「承認」待ちとなり、まだ名刺の正式発注ではありません。申請が行われた際、システムから承認担当者へメール通知する設定が可能です。

発注手順先頭へ戻る

承認担当:申請された名刺の承認

承認担当者が自分の社員番号・パスワードでログインし、申請のあった名刺の内容を確認して問題がなければ「承認」で注文します。

名刺記載誤りなど内容が不適切な場合、内容を編集したうえで注文、若しくは「却下」で対象社員へ差し戻すことができます。

発注手順先頭へ戻る

承認担当:注文完了

承認担当者が「承認」を行えば注文完了となります。平日13時までのご注文送信であれば基本的に翌日お届けです。納期についての詳細

予め設定しておけば、発注された名刺の対象社員へもシステムから承認注文完了のメール通知をすることができます。

発注手順先頭へ戻る

名刺注文の申請(注文の依頼)と承認のワークフロー

社員が「申請」して上長が「承認」する名刺発注フローは、個別の社員登録に権限レベルを割り当て、各社員に社員番号とパスワードを交付することで、全て『Web名刺発注システム』上で運用することができます。

社内ワークフローもシステム上で完結可能

多重承認が必要な場合、「承認担当者」を複数置き、順に「申請」を上げていくことも可能です。

運用方法に関しての詳細は御社の名刺発注ワークフローに合わせてご提案させていただきますので、ご相談下さい。

『Web名刺発注システム』上における「名刺注文の申請」と「承認」とは

「名刺注文の申請」とは…
承認担当者にあてて、『名刺を注文して下さい』と依頼するアクションのことをいいます。
「注文の申請」のみでは名刺の発注にはなりません。承認担当者が「承認」を行う必要があります。
「承認」とは…
「注文の申請」を「承認」して名刺の正式注文を行うアクションのことをいいます。

社員登録の権限レベル設定と操作可能範囲

権限レベル操作可能範囲
一般社員 自分自身の名刺の作成と「注文の申請」が可能です。
自分以外の社員の名刺作成や申請はできません。
代理申請者 同じグループに属する社員の名刺の作成と「注文の申請」が可能です。
「注文」すること、異なるグループの社員の名刺の作成や申請はできません。
承認担当者 同じグループに属する社員の「申請」を「承認」して注文すること、及び名刺の作成が可能です。
異なるグループの社員の名刺の管理・注文はできません。
管理者 企業登録全体の管理権限を持ち、全ての社員の名刺の管理・注文が可能です。

『Web名刺発注システム』が気になる名刺調達ご担当の方は今すぐお問い合わせ下さい!

ご相談無料。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。