ジャストコーポレーションSDGsの取り組み

持続可能な開発目標への取り組み

世界を変えるための17の目標

ジャストコーポレーションと「SDGs」

持続可能な開発目標(SDGs)とは、
2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として
2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された
2016年から2030年までの国際目標です。
持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成され
地球上の誰一人として取り残さない(leave no one behind)ことを誓っています。
SDGsは発展途上国のみならず,先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり
日本としても積極的に取り組んでいます。
SDGs(持続可能な開発目標)には、
ジャストコーポレーションが以前から取り組んでいる活動も多く、
これからもこの目標の達成に向けて貢献いたします。

「自然」を大切に

持続可能な社会のため、地球環境に優しい商品の開発や企業活動を行います。

■脱プラ、減プラを意識した商品の開発

  • 麦・コルク・LIMEX等、化石燃料由来ではない原材料を使用した商品開発
  • LIMEX紙を採用した名刺印刷サービスを導入

廃棄時のプラスチックの量を減らし、プラスチックゴミによる生物への悪影響の抑止を目指します。

■紙を大切にする取り組み

  • 印刷時に発生したヤレ紙のリサイクル活動
  • 再生紙を使用し、紙の無駄遣いを減らす

必要以上な森林伐採を防ぎ、生物の棲み家の保護を目指します。

■リサイクル・材料の積極的な活用

  • 再生材料から作った商品の販売
  • 当社が販売しているDVDケースの回収~リサイクル

限りある資源を大切にし、次の世代に残すことを目指します。

「自然」を大切に

「人」を大切に

すべての従業員にとって働きやすく、働きがいのある会社を目指しております。

■子どもをもつ女性が働きやすい環境づくり

  • 産休・育休が取りやすい体制を構築し、子育てを支援(取得率:100%)
  • 復職後は休職前の部署に所属し、産休・育休を理由に不当な異動を行わない
  • 時短勤務制度で家事・育児と仕事の両立をサポート
  • 女性役職者を起用し、相談しやすい職場に

子育て中の女性が働くことで世帯収入の増加を促し、暮らしの豊かさにつなげます。

■幅広い人材の活躍を推進

  • 65歳以上のシニア人材の積極的な雇用
  • 障がい者雇用、障がい者就労支援施設への業務委託
  • 外国人技能実習生への技術指導、教育

雇用の創出が地域経済の成長につながり、貧困の減少を目指します。

■心身ともに健康的で安全な労働環境の提供

  • 社員会にて「予防接種補助制度」を実施し、感染症の予防に努める
  • 社員会にて「人間ドック費用補助制度」を実施し、病気の早期発見に努める
  • ピンクリボンバッジ運動へ参加し、乳がんの撲滅に努める
  • セクハラ、パワハラ等に対する相談窓口を設置し、外部講師を招いて全社員を教育
  • 労働安全衛生委員会を設立、役員も参加し安全衛生の徹底を呼びかける

安心して働ける環境作りを目指します。

「人」を大切に

「エネルギー」を大切に

「未来」の子どもたちのため、地球温暖化の原因の一つであるCO2の削減に貢献します。

■太陽光発電事業

  • 1年間で18l灯油缶約47,432缶分を節約
  • 高さ10mのクスノキ31,663本分のCO2を削減

化石燃料の燃焼によるCO2の排出量を削減し、地球温暖化の抑止を目指します。

「エネルギー」を大切に

Recruit採 用 情 報

自分の考えた商品が
世の中に普及する喜びを
味わってほしい

詳しくはコチラ
TOP